流し台から洗面台・浴室など、住居内には数多くの水洗器具が備わっています。

どれもハンドルを開閉させることで水を出して止めるため、このハンドル部分は非常に使用頻度が高くてトラブルも発生しがちです。ハンドルを閉めているのに、隙間から水漏れをしているという現象を体験された方もいらっしゃることでしょう。これは水栓器具内に備わっている「スピンポール」という支柱が劣化して起きる現象です。水栓器具ではこの「スピンポール」とパッキンの劣化が主な水漏れ原因であり、ハンドルからの水漏れは前者にあたります。「スピンポール」の劣化による水漏れを修理するには、ホームセンターやECサイト等で新しい「スピンポール」を購入して取り換える必要があります。この修理はスパナという工具があれば比較的簡単におこなえるので、自身で対応できるものです。

修理する際はまず最初に、流し台や洗面台の下に備わっている給水栓を閉めることからスタートします。この給水栓を閉めるという動作は、水道修理の基本なので常におこなわないといけません。その後、スパナで水漏れをしているハンドル部分のナットを反時計回りに回して緩めます。完全に取れると、ハンドルを持ち上げれば「スピンポール」も一緒について来るので、これを新しいものに取り替えたら修理は完了です。自身で対応すれば部品代のみし掛からず、約600円で元通りに直せて経済的といえるでしょう。難しい知識や技術も不要で、女性でも短時間でおこなえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *