水漏れで修理が必要な主な原因は起きる箇所によって違いがあり、対処の仕方も違ってきます。

トラブルが多い箇所だとトイレがありますが、床が濡れているときはタンクから漏れている場合や便器の床の間からの漏れ、給水管とタンクのつなぎ目からの漏れ、他にも床が濡れてなくてもちょろっと水が流れていることもありますが、これはトイレタンク内から便器内へ漏れが起きているときに起きます。お風呂場でも修理をする水漏れが起きますが、大体は蛇口の部品経年劣化や水栓内部のパッキン劣化、シャワーヘッドの本体またはバルブ故障などです。キッチンだと蛇口の経年劣化・止水栓故障や部品の劣化、排水栓や排水管の故障など・蛇腹ホースの劣化や破損などです。

排水管・排水溝だと水道管の錆や経年劣化破損、凍結での破裂などが多いです。洗面所なら蛇口・パッキン・バルブの劣化や破損、排水トラップ詰まりの不具合、洗面台下の排水トラップやホース、止水栓の破損などが主です。また、給湯器やポンプも水漏れが起きて修理しますが、接続している水道管破裂やポンプの故障、他の配管などの壊れなどが主な原因ですが、給湯器やポンプだと通常の水漏れ修理業者だと対応できないこともあります。たとえば煙が出ていたり、温度調整が出来ない場合やリモコンの故障などは給湯器の修理業者に依頼します。水関連なので一見直してくれそうな感じがしますが、給湯器だと電気部分などもあり専門の技術などが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *