水道の使用量が急に増えてしまうと、水道局から漏水していないかの確認が入る場合があります。

この場合には、気付いていないだけで、水道管などに亀裂が入っているなどの原因で水がたえず漏れている可能性などもでてきます。また、あきらかに水が漏れている状態が目で確認できなくても普段ではしないはずの水がぽたぽたと垂れている音など音で気付く場合もあります。水道局から連絡がなくてもこのような場合には、水道メータをチェックしてみましょう。水道を使用していない状態でメーターが動いていればどこからか水が漏れている可能性が高いということになります。水漏れの位置が把握できた場合には、修理を行いましょう。キッチンやトイレ、お風呂場など水回りなどで水漏れが生じることがあります。

漏れている部分がわかれば、応急処置をするか、パーツの劣化などが原因ならパーツ交換をして修理しましょう。水漏れの量が多い場合には、水道の元栓などを閉めておくことで一時的な対処ができます。被害が広がらないようにするためにも冷静に対処していきましょう。また、状況によっては自分で修理をするのが難しいというケースも存在するため、水漏れの原因によってはちょっとした修理で済むという場合には自分で対処可能ですが、原因が把握しにくい、あきらかに素人が手をだすと状況が悪化してしまうような場合には専門業者などに依頼するなどケースバイケースで対応していくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *