使用頻度の高いキッチンでは、様々な要因で水漏れが発生する事があります。

蛇口から水がポタポタと止まらなかったり、排水栓から水漏れしたりと、実際に目に見えない部分が多く存在する為、原因が分かりづらいです。また、毎日使う事で部品が傷んだり、劣化している事が多々あります。この様な不調は、早めに対処する事が必要です。修理にあたって自身で出来る場合と、専門的な技術が必要な場合は業者に依頼が良いでしょう。先ずは水漏れの原因が何なのかを調べます。ハンドル部分内のゴムパッキンの劣化や破損による水漏れや、レバータイプの蛇口はパッキンの代わりにバルプカートリッジという部品が入っています。部品が複雑になっており、この破損により、隙間から水がもれて来る場合があります。レバーやハンドルを止めても水が漏れてきます。

原因を調べて、自分で修理可能な場合は必要な道具を揃えて新しいパッキンに交換する事が可能です。しかし、それぞれ破損部分により手順も異なり、少しでも大きさがずれているとうまく入らない時があります。また、輸入品やアンティークもの、または古い規格の蛇口を使用している方には、自身で修理できない事も多いです。この場合は、修理業者に依頼します。業者によって作業料金は異なりますし、追加修理代や緊急の場合は夜間早朝料金等が発生する事もあります。また、トラブル状況により作業内容も違ってきます。緊急でない些細な水漏れの場合は、いくつかの業者に見積もりをされて決めるのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *