水回りで発生するトラブルに水漏れと詰まりがあります。

水漏れは給水管や蛇口で発生し、詰まりは排水口で発生します。いずれにしても水回りのトラブルは生活に支障が出て、とくに詰まりは雑菌の繁殖や異臭を放ち、健康被害にもつながる問題に発展します。水漏れのメカニズムは給水側に掛かる水圧が蛇口やパイプの繋ぎ目部分に影響を及ぼし、水漏れを起こしますが、経年使用により繋ぎ目や可動部に取り付けられたゴム製パッキンの劣化による原因です。ゴム製パッキンは消耗品でもあるため、定期的な交換がおすすめです。詰まりの原因の多くは配管内部の汚れであり、汚水を流すことが長期化することで配管内部に汚れがぬめりとなって付着し、徐々に配管を細くし、塞ぐことで詰まりが生じます。詰まった部分を取り除くことで問題解消となりますが、一度詰まると簡単には解消しません。

一般的な水回りのトラブルの対処法として、水道業者への依頼があります。料金や対処法方が異なるので、トラブルを避けるために前もって確認してから依頼しましょう。排水口の詰まった部分を取り除いても再び詰まるというトラブルも多く、排水口の汚れが完全に取り除かれていないことで詰まるのを繰り返します。排水口内壁には油脂やほこり、髪の毛などの汚れが付着していることが多く、これを完全に取り除かなくては、再び詰まる原因ともなります。業者に対処してもらった後にパイプ洗浄剤を注入して排水口内の汚れを落としておくと良いでしょう。また、定期的なパイプ清掃も重要です。油脂汚れは60℃程度のお湯を流すことで落とすことができますが、それ以上の高温はパイプを傷める原因となるので注意して取り組みましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *