キッチンのシンクの水の流れが何となく以前に比べて悪くなりそのうち台所の床から水が染み出てきた、などというトラブルに見舞われた経験を持つ人は少なくはありません。

水漏れなどというと、真っ先に水道管のどこかが破れているのではと思うものですが、実はこの水漏れは排水管の詰まりが原因である場合が多いことをご存知でしょうか。排水溝や、排水管が何らかの原因で詰まってしまったために水がスムーズに流れなくなり逆流を起こし、水漏れが起こってしまう訳です。詰まりの原因で考えられるものは、排水溝に溜まった食材のカスや排水管に油等が溜まってしまうということです。水がきちんと流れないと、日常生活に支障をきたすためすぐに業者を呼びたいところですが、実は自分で修復することが出来る場合もあります。

まずは、シンクの底の部分にあるゴミ受けをチェックしてみてください。そこに汚れが溜まっていたら、取り除くことで水の流れが良くなることがあります。また排水溝に薬剤を撒いてしばらく置き、お湯を流して詰まりを緩和させるという方法もあります。熱いお湯を流すことで排水管の中に溜まっている油を洗い流すことが期待出来ます。しかし、自分で丁寧にチェックをしたにもかかわらず詰まりや漏れの原因がわからないという場合は、プロの業者にお任せすることをおすすめします。特に水漏れの勢いが激しいなどという際には素人では手に負えないので、すぐに専門の業者に連絡しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *