毎日使用する水道は、水を快適に使うことができて当たり前と思っている人が多いのですが、長年使っている水漏れやつまりのトラブルが起きることがあります。

水漏れやつまりも、何とか使うことができるから、忙しいからと放置してしまう人も多いのですが、水が急に大量に漏れてきたり、あふれてきたりすることがあり大きな被害が出ることがあるため早めに修理をすることがおすすめです。水漏れは水が蛇口などから滴ってくることが多いのですが、トイレのタンクや水道管のつなぎ目などからも滴っていることがあるので、床や壁などが濡れていたり、しみがついていたりする時には原因を特定しましょう。

壁や床に水が少しずつでも染み込んでいくと、壁の内側や床下など見えない部分にダメージが広がり気付いたときにはリフォームが必要になることがあります。修理をしておけば少ない費用で済むのに、突然リフォームとなると大きな出費になることがあります。バスルームや洗面所、トイレにキッチンと水を使う部分は排水口が必ずあり、きれいにしているつもりでも奥の方は汚れがたまっているためつまりやすい部分です。

排水管も長年使っていると、内側に汚れがこびりついて細くなってしまっているので、急に水が通りにくくなることがあります。つまりを放置すると急にあふれてきて床に汚水がまき散らかされて汚れやにおいの原因になることがあり、においが染みつくと床を交換することになる可能性があります。詰まる前には流れにくい、変な音やにおいがするなどの前兆があることが多いので、全長に気付いた時点での修理がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *