最近はレバー式の水栓金具が多くなっていますが、構造自体が複雑に思えるものの、分解するコツを知れば水漏れの修理は自分で行うことができる、蛇口からポタポタとたれることもなくなります。

蛇口の水漏れが起きる原因の中でも最も多いのは隙間を埋めているパッキンの劣化です。

蛇口を含め水道設備は接続箇所が多くあり、接続部分をしっかりと閉じていても水圧により僅かに水が漏れだしてしまいます。これを防止するのがパッキンで、隙間を限りなくゼロにすることで漏水を防止できるわけです。パッキンはゴムなどの素材でできているのですが、形あるものはいつかは壊れるではないですが経年劣化が生じてしまう、本来の機能を果たせなくなるときは必ず訪れます。

今まで隙間を埋める役割を持っていた部品も経年劣化で細くなる、ここから漏水が起きるなどに繋がって来るわけです。パッキンは内部に使われている部品で普段は目にすることはありませんが、蛇口を順番に分解すると輪の状態になっているパッキンを目にすることができます。大きさや太さは色々とあるので自ら交換修理を行うときには取り外したものをお店に持ち込む、同じサイズのものを入手することが大切です。1個当たりの値段は数十円程度で、専門家に依頼すると数千円の費用が掛かりますが、自ら修理を行ったときには部品代だけで済みます。尚、蛇口の分解についてはインターネットを使えば類似している製品の分解方法を入手することができるので、交換修理を行うときにも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *