水栓レバーをしっかりと閉めているけれども、シンクに落ちる水音で目が覚めてしまう、いわゆる蛇口からの水漏れは睡眠不足を誘発するリスクがある少々やっかいな水漏れトラブルではないでしょうか。

キッチンだけでなく浴室などでも蛇口からポタポタと落ちる水音は深夜など寝静まった時間帯になると家中を反響するように音が聞こえてくるため、睡眠にも影響を与えますし、少なからず水が流れているわけですから水道代の無駄にも繋がり早めに修理を考えたいトラブルといえましょう。修理業者に依頼する方法もありますが、蛇口からポタポタと落ちる水漏れの原因は、内部にあるパッキンの劣化が原因になっていることが多く、水栓金具を分解して新しいパッキンに交換すれば症状を直すことができるケースが多いのです。

修理業者に依頼をすると、修理費用の他にも部品代や出張費などを含めたお金を支払うことになります。その中でも部品代は市販されている金額よりも高めに設定されているので、ホームセンターなどで購入する値段よりも高くなる、全体的な費用も多くなりがちです。

自分で行えば部品代だけで済みますし、数十円程度で部品を買うことができます。ただし、蛇口の水漏れ修理を行うためには、モンキースパナやレンチなどの工具が必要ですし、止水栓を閉じるときなどはマイナスドライバーが必要になるので、工具を持っていない場合には部品代と工具代を用意しておく必要があることを把握しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *