長く同じ家に住んでいると、蛇口の水漏れトラブルに遭遇してしまうことは必ずあります。

お風呂や台所からポタポタと水滴が落ち続けると、少量とは言え長く続けば水道代も無駄にかさんでしまいます。なかなか気が付きにくいのですが、深夜などの寝静まった時間帯に水滴の音が気になってトラブルを発見することが多いです。もし蛇口の水漏れを見つけた時には、まずきつく締まっているかを確認してみてください。それで止まらない場合には、すぐに修理の業者を探して呼びましょう。

少し様子を見てからと放置しておいても、勝手に良くなることはありません。自力でなんとかしようとする人もいるかもしれませんが、むやみにいじると大量の水が溢れ出したりするなど大惨事に繋がる可能性もあるため、修理は必ずプロの業者に任せるべきです。蛇口の水漏れ修理を呼ぶときには、立ち会いが必要になるため帰宅時間などを考えて予定を組みます。

基本的には依頼したその日には来てくれるよう、調整してもらえます。立ち会いの際には、できれば少し作業スペースを確保出来るように蛇口まわりを片付けておくと良いです。お風呂の場合ならシャンプーなどを離れた場所に移動させておいたり、キッチンなら食器や調理器具は棚の中にしまっておきます。修理の時には蛇口をいったん解体したり、必要に応じて部品を交換したりするためそれらの作業スペースが確保されていると、スムーズに進められます。最後にトラブルが解決されたか、自分の目で確認します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *