蛇口からの水漏れを修理するには、まず原因を特定しなければなりません。

また水漏れの状況によって対処方法に違いが出てきます。基本的に蛇口の水漏れは自分で修理することが可能です。道具は蛇口に合ったプラスやマイナスのドライバーの他に、ウォーターポンププライヤーを使います。主な水漏れの原因はパッキンやバルブカートリッジの劣化・破損なので、これらの新品を購入して交換することになります。修理に使用する道具や部品はホームセンターや通販サイトなどで購入できます。全てを揃えても数千円ほどなので、それほど高額にはなりません。

わずかに水が漏れていたり、部品の接合部分から染み出しているような場合はしばらく放置しても問題ないので時間的な余裕があります。道具や部品を揃えて自分で修理するとよいでしょう。業者に依頼するよりも費用を抑えることができます。蛇口から激しく水が溢れているような場合や、自分で修理を行う余裕がない場合は専門業者に依頼するのが効率的な方法です。

ただし自分で行う場合も業者に任せる場合も、基本的に作業内容ことは変わりません。まず原因を特定して部品を揃え交換することになります。蛇口で発生するトラブルは主にハンドル内やコマのパッキン、バルブカートリッジが劣化・破損して発生します。これらは消耗品なのでいずれは新しいものに交換しなければなりません。水道が壁に設置されている場合は、シールテープが劣化して水が溢れることがあります。その場合はシールテープを巻き直します。いずれの作業も止水栓を止めた上で行う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *