ニキビについての説明文

ニキビとは皮膚の炎症性の疾患であり、一般的には顔等に出る症状の事を指して言いますが、胸や背中、脚にも現われる症状です。

そもそもニキビと言う単語は主に青年期の顔面に現われる症状を呼称したものであり別の読み方で吹き出物と言う呼称も有りますが、医学的には尋常性?瘡と言う正式名称が有ります。ニキビの原因は幾つか有り、毛穴に存在しているアクネ菌と言う細菌が毛穴内で増殖し発症するケース、肌の細胞は一定の期間で新しく構築されますが、ストレス等の原因により周期が乱れて毛穴が塞がり皮脂が溜まって炎症を起こすケース、ホルモンバランスの変動により皮脂の量が異常に多くなり発症するケースが主な原因と言われ、特に思春期を迎えた男女の青年期は前述した全てのケースが発生しやすくなり、ニキビになりやすくなります。

特に思春期を迎えた人は顔面に発症した症状を気にする傾向が高いと言えます。また発症した際、無理に炎症した箇所を剥がしたりすると跡になる可能性が非常に高く注意が必要であり、治療を行う際は皮膚科や美容整形等の専門医に診察がベストです。前述した医療機関を介さなくても改善は可能です、基本的には日々の洗顔が重要で洗顔料は自身に合った物が良いと言え、その他には睡眠時間を十分に取る事や科学的根拠は無いですがスナック菓子等の油を使用した菓子を控え、ビタミンB2やビタミンB6、ビタミンCを多く含んだ食物を摂取すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *