敏感肌におすすめの化粧水

敏感肌におすすめの化粧水は、「セラミド」が配合されているものです。

肌への刺激に配慮して、低刺激性である必要もあります。

いくら良いものでも、金銭的に続かないものは意味がありません。単発的に使うよりも継続して使うことで効果が出ますので、価格も重要な要素のひとつです。まずセラミドですが、簡単に言うと肌の潤いを保つ主成分です。敏感肌で乾燥肌の場合は、このセラミドを化粧水で補うことで、ピリピリ感やヒリヒリする熱感、赤み、かゆみを抑える効果が期待できます。

セラミドだけでなく、ヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリン、リピジュアなどの保湿成分も一緒に配合されているものを使うと、より効果的です。セラミドの中でも、セラミド1などのように、番号がついているものはヒト型セラミドといいます。肌にもともとあるセラミドと構造が似ているため、肌にスッと馴染み、保湿と浸透に優れています。肌に優しいセラミドなのでおすすめです。おすすめする敏感肌用化粧水は、アルコールやエタノールが不使用のものです。なぜなら、アルコール類は、量が多いと必要な水分まで蒸発させてしまうからです。

ただし、フェノキシエタノールは比較的低刺激なので、敏感肌でも使える可能性はあります。また、香料についてですが、香料は天然であっても合成であっても、刺激を感じる人は感じますので、複数配合されている場合は注意が必要です。敏感肌用化粧水で、一万円近くするものは少ないので、どの製品でも続けやすい価格帯ですが、質の良い化粧水を使いたい場合は、5、000円前後が相場のようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *