敏感肌におすすめの化粧品の条件

敏感肌というのは、バリア機能が正常に働いておらず、刺激に対して反応しやすくなっている肌の状態です。

刺激から肌を保護し、水分の蒸発を防ぐバリア機能を正常化させるためには、肌に適正な水分量を確保しなくてはいけません。そこで、敏感肌には保湿成分がたっぷり配合された化粧品がおすすめです。ただし添加物やアルコール、刺激の強い成分が入っていないことが条件になります。

スキンケア化粧品は、潤いを与えてくれるだけでなく、ターンオーバーを促進する作用のあるもの、抗炎症作用があるものを選ぶのがおすすめです。ターンオーバーが促進されれば、健康な状態の新しい肌細胞が生まれてくるので、肌質の改善も期待できます。ターンオーバーの促進に役立つ成分としては、肌細胞を活性化する作用のあるプラセンタエキスなどが良いでしょう。

プラセンタエキスはエイジングケア用や美白用の化粧品によく配合されています。敏感肌には紫外線のダメージも良くないので、美白用のスキンケア製品を使うのもおすすめできますが、美白用のスキンケア製品にはビタミンC誘導体が配合されているので、注意が必要です。ビタミンC誘導体は抗酸化作用に優れた成分ですが、肌を乾燥させてしまうことがあります。ビタミンC誘導体が入った製品を使う場合には、同時に保湿成分がたっぷり配合されているものを選ぶか、保湿専用のクリームや美容液を用意して、しっかりと保湿ケアをしてください。肌質は生まれつきの部分もありますが、ケア次第で改善できることもあるので、化粧品選びから見直してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *