美容液の種類とそれぞれの特徴

美容液には様々な種類があります。

最も基本的な美容液が保湿タイプです。慢性的な乾燥肌の保湿力をアップします。ゲルやジェル状のタイプが効果的です。さらっとした質感で伸びが良く、浸透しやすいです。保湿力が強いものには、水分の保持と肌をサポートするセラミドやヒアルロン酸、エラスチンなどが配合されています。

さらにターンオーバーを促すプリテオグリカンやEGFが含まれていると、高性能といえます。最近ではヒアルロン酸を針状に固めて、顔に貼り付けるシートの美容液が話題です。次に、日焼けや日焼け跡対策に使われるのが、美白タイプです。メラニンの合成を防ぐだけでなく、作られたメラニンを表皮に移動させないことで、シミができないようにします。高い機能を持った商品が多いです。植物由来の原料で作られたものが多く、潤いを守って肌をいたわります。ハイドロキノンやビタミンC誘導体、アルブチンなどが配合されています。

特にハイドロキノンは既にできたシミの他に、シミの原因であるメラノ細胞に働きかけるので、高い美白効果が期待できます。アルブチンはコケモモやウワウルシなどの自然由来の成分で、紫外線による皮膚の損傷を改善します。そして、ニキビ用タイプです。適切な水分と皮脂のバランスを整えることで、ニキビのできにくい肌を作ります。ノンオイルの美容液ならば、さ使い心地が軽く肌への負担も少ないです。ビタミンCを含んでいることが多いです。
梅田でそばかすを治すのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *