プラセンタ美容液の効果と使い方

プラセンタを配合した美容液は、美白や保湿、アンチエイジングの全てをサポートします。

表皮の角質細胞の中には、天然保湿成分があり、肌の潤いを保つために欠かせません。この保湿成分の主成分はアミノ酸です。プラセンタには豊富にアミノ酸が含まれているので、保湿力がアップします。またEGFなどの成長因子も含んでいます。美容液が基底層まで浸透すると、成長因子が表皮細胞の分裂を促すので、ターンオーバーによって若々しい肌が手に入ります。さらにプラセンタには美白効果があります。

メラニン色素が作られる段階で、チロシナーゼという酵素の働きを抑制することで、メラニン色素が作られずシミを予防します。健康な皮膚細胞を参加させて、肌の老化を促進するのが活性酸素です。プラセンタはビタミンCやビタミンE、ミネラル、活性ペプチドを含んでおり、活性酸素の過剰分泌を抑制します。プラセンタ美容液は、化粧水のようにサラサラしたものからジェル状のものまで様々なタイプがあります。

原液そのままや主成分が液体である場合は、洗顔後にすぐに馴染ませます。プラセンタ美容液は豊富な成分を素肌にしっかり浸透させる必要があるので、化粧水より先に使うことが推奨されています。ただしメーカーや商品によって異なるので、説明書は確認しておきます。1回につける量は適量を守ることが大切です。気になるところだけを部分的に塗るのではなく、顔全体に使う方が肌のターンオーバーを促進します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *